2016年06月29日

丹羽宇一郎氏の講演を聴きました


一昨日は熊谷りそな会にて 前伊藤忠商事株式会社 取締役会長であり
民間出身者では初めての中華人民共和国全権大使であった 丹羽宇一郎氏の講演を聴きました

わたくしも仕事上で中国を頻繁に行き来した経験があり
最近では尖閣諸島等の問題で中国との摩擦が激化している事実も重ね
丹羽氏からどんな話が聞けるのか 興味津々で足を運んだのでありました

DSC07343.JPG






現在の中国の政治をつかさどっている面々の顔写真をスクリーンに映し出しそれぞれを淡々と分析をしてゆく講演スタイルは 実際に現地でトップとして日本の国益を担ってやってこられた人ならではの迫力に満ちたものであり興味深く聞かせていただいたのでありました

DSC07346.JPG



中でも印象的だったのは
丹羽氏いわく 世界に著名な人材を送り出しているあのハーバード大学に在籍している日本人の数がわずか11人
それに対して中国人学生の数がその5倍位いるらしいということ

将来そこを卒業した優秀な学生が世界的ネットワークを持って各界で活躍することを想像すると
現在高等教育(大学以上)への補助が先進国中極端に低い日本も 政策を改め
将来の頭脳を育成する教育に国力を注いでいただきたいと心から感じたのでありました




ラベル:中国大使
posted by ヤマソウ at 23:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索